ITパスポート試験 研修

IT一筋40年のベテランITエンジニアが作る、ITパスポート試験の教材

ITパスポート試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行う国家試験です。ITエンジニアの登竜門であるとともに、IT業界で働くための基礎知識が問われ、就業前の学生さんにも手が届く試験ですので、是非、挑戦してくださいす。今日、業種・業態を限らず組織で業務を遂行のためには、PCなどITは不可欠です。正に、「読み」「書き」「パソコン」の時代、今後のデジタル社会で生き抜くための必修科目でも、ITの基礎知識を身に着けることで、活躍にの場が広がります。

ITパスポート試験の概要解説


オンライン教材の特徴

①ベテランエンジニアが語るIT現場から学ぶ現実味ある教材
IT業界40年のベテランエンジニアの実体験をベースに、IT業界を垣間見るリアルな話題で楽しく勉強しながら、IT業界の道案内をします。
教材は、すべてビデオ映像ですので、任意の場所で停止/再開でき、繰り返し視聴することができます。勿論、モバイル機器でも視聴できます。
いつでも、どこでも、ご自身のペースで学習できます。これがオンライン教材の最大のメリットです。

②厳選250語の音声教材を無償提供
ITを勉強する方の多くは、IT用語に対する苦手意識と拒絶反応でしょう。これを克服するために準備した耳から覚える音声教材です。
通勤、通学時間や、ランニング、入浴の時間など隙間時間で聞きながら覚えることで忙しい方も、無理なくご自身のペースで学習できます。

③過去問解説
この教材では、最終回に、過去問の解説を組み込んでおりますが、合格を確実にするためには、更なる、過去問を解く必要があります。
多くの問題に触れ、問題に慣れることも合格への鍵です。この部分は、市販の教材などで補っていただきたいと思います。

厳選250語

厳選250語の音声教材を無償提供しております。
ITを勉強する方の多くは、IT用語に対する苦手意識と、拒絶反応でしょう。
IT基礎知識の習得で克服すべき、「IT用語」を、ITパスポート試験の過去問題での出題頻度を分析することで250語のIT用語を厳選して、これらのIT用語を覚えるための音声教材を無償で提供しています。IT用語は、「あ!それ、聞いたことある」だけでは、設問の選択肢に辿り着けません。用語の目的や簡単な説明が頭を過り、「知っている」のレベルであれば、迷うことなく選択肢を選ぶことができます。そこで、この音声教材では、各用語を100文字程度で説明しています。これを聞き流すことで、「聞いたことある」から、「知っている」のレベルに知識を拡充することはでき、試験問題にも対応することができます。隙間時間を使って無理なく効率よく学習できます。尚、mp3ファイルにタグを埋め込んでおりますので、分野別に再生して弱点を集敵に学習ができます。先ずは、「厳選250語」をダウンロードしてお試しください。

オンライン教材の内容

ITパスポート試験のシラバスに基づき、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の教材を、全9回に分けて視聴いただけます。内容により時間のバラツキはありますが、いずれも、ビデオ教材ですので、任意の場所で、停止/再開でき、繰り返し視聴できます。また、最終回(第10回)では、受験対策講座といたしまして、IPAから公開されている問題を取り上げて解説いたします。尚、スライド(テキスト)は、原則的にオンラインの環境で閲覧していただくことを想定し、PDFなどの電子媒体での配布は行っておりません。必要に応じて、A5版の簡易製本は冊子を合わせてご購入ください。

ご購入後の流れ

①教材購入サイトでご購入いただきます(銀行振り込み、クレジット決済など)
②決済が確認でき次第、ご視聴の準備を進めます。
 オンラインでの受講準備が整い次第、お届けのメールアドレスに、以下の情報をご連絡いたします。
 ・教材視聴サイトのURL  
 ・ご利用IDと初期パスワード
 ・ご利用期間(3ヶ月)
尚、冊子をご購入いただきました場合は、お届けのご住所宛に郵送させていただきます。

ご注意

このサイトでは、実際の試験のお申込みはできませんので、別途、IPAのサイトから、ご自身でお申込みをお願いいたします。
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

合格されましたら、ご感想など、お寄せいただきますと幸いです。吉報をお待ちしております。

※纏めて、10ID以上必要な場合は、ボリュームディスカウントいたしますので、ご一報ください。

受講者の声

会社員 30代 女性
こんな教材が欲しかった。絶対おすすめです!!
特に厳選250語は、目から鱗。スマホに入れて毎日通勤時間に聞きました。
ビデオ教材も、丁寧な解説で成程の連発。ビジネス系の苦手意識を克服することができました。
一通り、学習した後、最後にネット上の過去問を確かめ、「行ける!」という確信を持って試験の申し込みをしました。
試験当日、設問に厳選250語が出てくると、耳タコで覚えた解説が頭を過り、自信を持って選択肢を選ぶことができました。
本当に、この教材に巡り合えて良かったと思います。

大手企業でエンジニアとしてOS開発に携わり、その後通信業界に転職し人材教育を担当、大学で教授も勤めるなど教育現場での経験を積んでまいりました。ITと教育業界での豊富な知識と経験を活かした人財開発サービスでは、IT経営をサポートするコンサルティング事業をはじめ、マネジメントやイノベーションなどの教育研修を通してスキルをアップさせるセミナー事業、キャリア構築をサポートするキャリア開発事業を行っております。

特に他では体験できない独自の教育メソッド・場BOK®は、セミナーや研修といった学びの場に非日常性をもたせるための演出を行います。当日の演出をもちろん、準備からアフターフォローまでトータルでサポートすることで場の演出を行い、教育を促進していきます。ITや教育現場での経験の他、脳科学と心理学を取り入れた新しいコミュニケーション術です。